読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医食同源を考える オフィスお惣菜冷蔵庫サービス 菜タスWEB担当のブログ

大阪にあるオフィス向け「お惣菜 冷蔵庫サービス」運営会社 サイタス WEB担当miz3が琴線にふれた大阪のイベントや食べ物情報や身体に優しいおかんレシピや健康情報を発信して参ります。

BCP(事業継続計画)ってご存知ですか?

福利厚生

BCP (事業継続計画)ってご存知ですか?



BCP (Business continuity planning)とは企業が自然災害や大災害、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法や手段などを取り決めておく計画のこと

 

BCP対策として有事の際の食品備蓄は各企業の対応として非常に重要な課題となってきています


東京都としての考え方がこちら

www.bousai.metro.tokyo.jp

 

 

中央防災会議が定めた「首都直下地震対策大綱」において、発災後3日間程度を応急対策活動期としていること、また、発災時の被救助者の生存率は4日目以降激減することから、発災後3日間は救助・救出活動を優先させる必要があります。
そのため、従業員等の一斉帰宅が救助・救出活動の妨げとならないよう、発災後3日間は企業等が従業員等を施設内に待機させる必要があります

 

施設内待機のための備蓄についてのポイント


従業員が施設内に留まれるように、3日分の水・食料等を備蓄しておきましょう。条例では、3日分の水・食料・その他必要物資の備蓄が努力義務となっています。
また、震災の影響の長期化に備え、3日分以上の備蓄についても検討しましょう。
以下の備蓄の目安を参考にしてください。

 

 対象となる従業員等

雇用の形態(正規、非正規)を問わず、事業所内で勤務する全従業員

 

3日分の備蓄量の目安


水については、1人当たり1日3リットル、計9リットル
主食については、1人当たり1日3食、計9食
毛布については、1人当たり1枚
その他の品目については、物資ごとに必要量を算定


備蓄品目の例示

水 :ペットボトル入り飲料水
主食:アルファ化米、クラッカー、乾パン、カップ麺
(注)水や食料の選択に当たっては、賞味期限に留意する必要がある。

その他の物資(特に必要性が高いもの) 毛布やそれに類する保温シート、簡易トイレ、衛生用(トイレットペーパ等)、敷物(ビニールシート等)、携帯ラジオ、懐中電灯、乾電池、救急医療薬品類

 

 


備考
上記品目に加えて、事業継続等の要素も加味し、企業ごとに必要な備蓄品を検討していくことが望ましい。

例:非常用発電機、燃料(危険物関係法令等により消防署への許可申請等が必要なことから、保管場所・数量に配慮が必要)、工具類、調理器具(携帯用ガスコンロ、鍋等)、副食(缶詰等)、ヘルメット、軍手、自転車、地図 企業等だけでなく、従業員等自らも備蓄に努める。 例:非常用食品、ペットボトル入り飲料水、運動靴、常備薬、携帯電話用電源

 


サイタスのお惣菜冷蔵庫のサービスは緊急時の食料備蓄の一環になるともいえます。サイタスは日常利用を前提とした定期補充システムの為、在庫の設定を調整すれば、備蓄のと比べ賞味期間が短い食品を低いロス率で社内に保管し続けることが可能です。

 

 

現在お得なキャンペーンも実施中。実際に販売してる商品をサンプルとしてお届けする無料試食会のご案内もできます。

 

おかんのお惣菜がオフィスでも楽しめる オフィス向けお惣菜提供サービス

サイタス公式サイト サイタス公式フェイスブックサイタス公式インスタグラム

少しでも興味をもたれた方はお気軽にお問い合わせくださいませ