読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医食同源を考える オフィスお惣菜冷蔵庫サービス 菜タスWEB担当のブログ

大阪にあるオフィス向け「お惣菜 冷蔵庫サービス」運営会社 サイタス WEB担当miz3が琴線にふれた大阪のイベントや食べ物情報や身体に優しいおかんレシピや健康情報を発信して参ります。

感染性胃腸炎が猛威 10都県で警報レベル 5分でわかる ノロウイルスへの予防対策は?

 

感染性胃腸炎が猛威 10都県で警報レベル
2016年12月13日11時50分

www.asahi.com

 国立感染症研究所は13日、ノロウイルスなどの感染性胃腸炎の患者報告数が直近の1週間(11月28日~12月4日)で、1医療機関あたり17・37人に上ったと発表した。最近の同期比では2006、12年に次ぐ水準で、猛威をふるっている。近年流行していなかった型のウイルスが原因の一つとみられ、免疫のない幼児が集まる保育所などを中心に集団感染も発生している。専門家は予防のため、食事や調理前などに積極的に手洗いをするように呼びかけている。


 感染研によると、全国約3千カ所の小児科など定点医療機関から報告された患者数は11月中旬から急増し、12月4日までの1週間では5万4876人。1医療機関あたりだと17・37人で、昨年同期比の3倍近くに上った。

 直近の1週間で患者数が最も多かったのは宮城の45・75人で、山形(33・47人)、三重(27・71人)、埼玉(26・73人)、東京(26・64人)、神奈川(23・62人)、奈良(23・09人)、宮崎(20・83人)、千葉(20・24人)、兵庫(20・12人)の計10都県で、警報レベルとされる20人を超えた。

 検出されたウイルスの分析では近年流行していなかった型が大半を占める。今月2日までに集団感染の報告があった103件では、推定感染場所の約4分の3が保育所または幼稚園だった。感染研・感染症疫学センターの木村博一室長は「免疫のない幼児を中心に流行が広がっており、今後成人にも感染が拡大しないか懸念している」と話す

 

www.mhlw.go.jp

感染拡大は毎年11月から1月がピーク  
特徴は感染力の高さ

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これら症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。重症化しやすいのは幼児と高齢者

 

基本的な感染ルート

①ウイルスがついた手で調理した食品を別の人が食べる
②感染者の嘔吐物や便を片付けたとき手につき、ドアノブなどを通して広がる
③ウイルスが濃縮されたカキなどの二枚貝を生で食べる

 食べることでの感染は防げないので、できることは手洗いが最大の予防方法。


調理する人の健康管理
作業前の手洗い
調理器具の殺菌

 

感染性胃腸炎は発症してからでないと気付くことが難しい病気です。

普段からの手洗いうがいの予防をしっかりし、
流行の季節は消毒をこまめにして感染を防ぎましょう

 

 おかんの味がオフィスでも楽しめる オフィス向けお惣菜提供サービス

サイタス公式サイト サイタス公式フェイスブックサイタス公式インスタグラム

からお問い合わせくださいませ