医食同源を考える オフィスお惣菜冷蔵庫サービス 菜タスWEB担当のブログ

大阪にあるオフィス向け「お惣菜 冷蔵庫サービス」運営会社 サイタス WEB担当miz3が琴線にふれた大阪のイベントや食べ物情報や身体に優しいおかんレシピや健康情報を発信して参ります。

関東と関西で異なる食パン事情 関西は5枚切り 関東は8枚切りが1番人気

先日関西のテレビニュースでも紹介されてまして、意外だなとおもったので紹介します

 

f:id:saitasu:20161219150001j:plain

 

我が家での食パンはだいたい5枚切りを食してるわけです。私は6枚切りがすきなんですが、毎朝和食だし発言権がないので気にしてません。

 

関東では関西ではみかけることのない8枚切りが一番人気ってご存知でしょうか?

 

テレビではさくさくが好きな関東 もちもちが好きな関西という結論でしたが、ネットニュースに詳しくあったので引用してみます

 

www.nikkei.com

 

敷島製パンによると、主力の「超熟」の売上高は関西では5枚切りが46%で最も多い。一方、関東では6枚切りが57%を占め、5枚切りは10%。フジパンの「本仕込」も関西は5枚切りが45%、6枚切りが36%だが、関東では5枚切りが6%、6枚切りが58%と逆転する。5枚切りの標準は24ミリ、6枚切りは20ミリとされ、たった4ミリの違いだが地域差は鮮明だ。

 「関西から関東に引っ越した人から『何で5枚切りがないのか』と問い合わせが来る」(敷島製パン広報室)。関東で23%を占める8枚切りは関西ではわずか2%。逆に「関西に越してきた人からは『8枚切りはないのか』と言われる」(同)という。

 

 東西で嗜好が大きく異なる理由について、敷島製パンフジパンはともに「お好み焼きなど『粉もん』文化の関西はもっちりした食感の5枚切り、パリッとした煎餅文化の関東はさっくりした食感の6枚切りが人気」と分析する。


 老舗の神戸屋大阪市)はパン食の始まりから説明する。「関東は銀座木村屋のあんパンから親しんだため、お菓子であり、間食やサンドイッチ用として普及。関西は当社が外国人に提供したのを機にホテル、レストランを主な販売先として広がった」(経営企画室)という。

 つまり、関東は間食=薄切り、関西は食事=厚切りというわけだ。都市別の食パン消費金額(総務省調べ)を見ても、上位3位まで神戸市、京都市奈良市と厚切りの関西勢が占める。

京都も神戸も有名なパン屋さん多いですもんね(神戸屋本社は大阪市東淀川区

 

中の人の年齢がばれそうですが、昔はスーパーやパン屋で買ったときにパンを希望の厚さにスライスしてくれました。スライサーみるの楽しかった記憶あります。

 

パンがおやつの関東 パンが主食の関西ということなんですね 勉強になりました

 

 

現在お得なオフィスお惣菜サイタス導入キャンペーンも実施中。
実際に販売してる商品をサンプルとしてお届けする無料試食会のご案内もできます。

少しでも興味をもたれた方は

サイタス公式サイト サイタス公式フェイスブック

からお問い合わせくださいませ