読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医食同源を考える オフィスお惣菜冷蔵庫サービス 菜タスWEB担当のブログ

大阪にあるオフィス向け「お惣菜 冷蔵庫サービス」運営会社 サイタス WEB担当miz3が琴線にふれた大阪のイベントや食べ物情報や身体に優しいおかんレシピや健康情報を発信して参ります。

借り上げ社宅と家賃補助の税制面での違い 住宅手当から借り上げ社宅に変更するメリットについて

福利厚生

この前知り合いの税理士さんと話をした時に興味深い話があったので紹介します

 

借り上げ社宅と家賃補助って同じようなことと思われがちですが、税制面では大きな違いがあることをご存知でしょうか?

 

住宅手当は給与の一部とみなされますので、当然社員の支払う税・社会保険料は負担が大きくなりますし、会社負担分の社会保険料負担も大きくなります。

 

家賃補助=住宅手当なので会社も社員も課税対象にあります
借り上げ住宅=会社の負担なので課税対象になりません

 

◆家賃補助5万円の場合 
給料が5万円増えてるので5万円分に会社と社員の両者に課税されます

◆たとえば10万円の家を会社が借り上げた場合 
家賃として社員が5万円払う形なり 給料は増えてないので両者とも課税されない

 

借り上げ住宅にしますと社員の手取り額が家賃補助制度より多くなりますし、、社宅ではないので管理もやりやすくなります。

採用のときにも社宅ではマイナスイメージもありますが、借り上げ社宅制度だと、会社の福利厚生制度の充実もアピールできるのです。