読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医食同源を考える オフィスお惣菜冷蔵庫サービス 菜タスWEB担当のブログ

大阪にあるオフィス向け「お惣菜 冷蔵庫サービス」運営会社 サイタス WEB担当miz3が琴線にふれた大阪のイベントや食べ物情報や身体に優しいおかんレシピや健康情報を発信して参ります。

かぜの「ひきはじめ」の正しい対処法とは?

健康メモ

わたくしは昔から扁桃腺が弱くすぐに寝込んでおりました。そもそもアイスマンといわれるくらいに平熱が低いこともあり、(平熱35度台)熱が上がるととんでもないことになってしまうので、いろいろ研究を重ねてきました。

 

インフルエンザはかかってしまったら仕方ないですが、風邪は引きはじめならどうにかできるはずのもの。 

 

製薬会社のクラシエが興味深いアンケートを紹介しております

 

www.k-senka.com

 

 

あなたは大丈夫?身体の違和感を見逃すと、
気付いたときにはすでに“風邪予備軍”!

一般層は「のどが痛い」(35.7%)、「鼻づまりがおきる」(20.0%)、「悪寒、寒気がする」(45.2%)など、ウイルスの侵入が深くなってから風邪を察知する傾向が強い。医師は「首や肩・背中に違和感を感じる」(24.0%)、「身体に違和感がある」(35.6%)、「のどの違和感を感じる」(44.2%)など、風邪の症状が進行する前段階で“風邪のひきはじめのひきはじめ”を察知している割合が高い。

 まあのどの違和感とだるさ 寒気でしょう この時に対処すれば間に合うかもしれません

 

昔ははちみつ大根を食べてましたが、知人の看護婦長さんの話によると

悪寒とおもったら熱出る前なら葛根湯と薄めのポカリ
症状出てたらベンザブロック症状に応じた薬と薄めのポカリ

 

ポカリは点滴と同じ成分なので弱っているときにオススメです
私もこれで何度とひきはじめを乗り切ってきました

何かの参考になれば幸いです