読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医食同源を考える オフィスお惣菜冷蔵庫サービス 菜タスWEB担当のブログ

大阪にあるオフィス向け「お惣菜 冷蔵庫サービス」運営会社 サイタス WEB担当miz3が琴線にふれた大阪のイベントや食べ物情報や身体に優しいおかんレシピや健康情報を発信して参ります。

世界一受けたい授業 加熱すれば栄養アップHOTクッキング   漬物ステーキ ホット飲むヨーグルト  薄皮付きピーナッツの炊き込みご飯 

レシピ どうしても気になること

f:id:saitasu:20170119104736j:plain

2017年1月14日 世界一受けたい授業で効果がありそうな冬のHOTクッキングの紹介がされていました 手軽にできそうなものを紹介します

 

 

アツアツで栄養アップ 熱を操れHOTクッキング 女子栄養大学講師白野浩子先生

 

普段は加熱しないものを熱を加えることで栄養価があがったり食感がかわる食材が紹介してました

 

 

漬物ステーキ

もともとは飛騨高山地方の家庭料理
材料は白菜の漬物 ごま油 卵 

 白菜の漬物 1パック
卵     2個
ごま油  大さじ1
塩     少々
こしょう  少々

ごま油をひいたフライパンに漬物を入れ 全体に火が通るように炒める
とき卵を入れて 軽く火を通すと完成 

乳酸菌が含まれている漬物を加熱して食べると、腸内の温度が上がり、腸内の乳酸菌の働きがよくなるとのことでした

 

 

 

薄皮付きピーナッツの炊き込みご飯

老化を遅らせるというポリフェノールがたっぷりの炊き込みご飯

米      2合
水      400ml
ピーナッツ 80g
コンソメ   小さじ2
酒      小さじ2
醤油    小さじ1

お米と水を入れた炊飯器に粉末コンソメ醤油と本酒を入れる

薄皮付きのピーナッツをいれ、1時間浸す
あとは炊飯器で炊くだけ

 

ピーナツの薄皮にはポリフェノールが多く含まれていて老化を遅らせる抗酸化作用が期待できます 通常おつまみのピーナツは薄皮が苦くて食べないひともいますが、加熱することで苦味がなくなり、食べやすくなります。

 

 

 

ホット飲むヨーグルト

 

普通は冷やす「飲むヨーグルトだですが、寒い時期は温めて飲むのがオススメ

加熱された飲むヨーグルトは、内臓を温め、冷たい状態で飲むよりも、便秘解消効果がより期待できる。さらに温めることで、カルシウムの吸収率もアップします。

 

飲むヨーグルト   150ml
しょうがすりおろし 小さじ1/2

 

飲むヨーグルトとしょうがをかき混ぜて、600Wの電子レンジで1分30秒温める

 

しょうがのジンゲロールという成分は、加熱することでショウガオールに変化して、体を芯から温めてくれる。

普通40℃以上になると乳酸菌は死んでしまうが、その死んだ乳酸菌は腸内の乳酸菌のエサになって活発に働くので心配ない。

 

 

詳しい内容は公式サイトに

授業復習 | 世界一受けたい授業

是非お試しくださいませ